オーリスタットによる肝障害のリスク

アメリカの検査機関であるFDAが正式にダイエットに有効であると認めた成分としてオーリスタットがあります。消化酵素の働きを阻害して脂肪の吸収率を低下させる成分ですが、強制的に脂肪をカットできるゆえにダイエット効果を得る事ができます。
アメリカではダイエット治療薬として用いられていますが、日本は未認可の成分です。未認可の理由は肝障害のリスクがあるからですが、強制的に栄養をカットする事によって肝機能に影響を与え、腹痛や嘔吐、さらには呼吸困難や重篤な肝機能障害が発生する可能性があると言われています。ですから日本では安全の為にオーリスタットの使用は認めていません。
しかし、このような重篤が副作用が発生するケースは割合としては非常に少ないとされています。ですからオーリスタットの使用を望む声もあるようですが、そういった方の中には個人輸入で手に入れるケースも少なくないようです。海外から輸入して使用する事はできますので、自己判断だけで輸入して使用するケースもあるのです。
個人輸入で手に入れて使用する分には問題はないようですが、しかしながらその場合の責任は全て自分自身にあるという事を理解しておく必要があります。そして自己の安全の為にも使用中に何らかの副作用が見られた際にはすぐに病院に相談する事も忘れてはいけません。肝障害のリスクがあるという事は時には生命にも関わってしまう可能性もありますので、副作用の発生には目を光らせておく事が大切です。
また、使用する際には必ず用量を守るという事も重要なポイントです。自己判断で使用する際には安全面へのガードが緩くなりがちですので、多めに飲むなどの間違った使用方法にならないように注意しなければいけません。

■オーリスタットが成分
ゼニカル 通販